■ STOレスキュージャッキ 特徴 ■

【2.5cmの隙間さえあれば救助できます】




【爪先で500kg 爪頭部で2,000kg(2t)持ち上げられます】


 
 


 ※ご注意ください
                知っていますか?パンタグラフジャッキをレスキュー用として備えられている人もいますが、
                パンタグラフジャッキは、仮に1,500kgと書かれていても、 低い位置では、その能力を発揮できません。(上のグラフ参照)
                                            ○ 10cmの隙間がないと使用できない。
                                            ○ 10cmの隙間があっても、100kg〜200kg程度しか持ち上げられない。
                                            ○ 呼び荷重(1,500kg)はタイヤが地面から離れるときの、持ち上げられる能力を表しています。

【STOレスキュージャッキなら長期保管でもメンテナンスが要りません】

いざという時に使用できるものを備えてください。



【軽いもので訓練していませんか?】

救助訓練用に300kgの体験キットを造りました。
ジャッキの優位性や、使い方、危険性、いろいろな種類のジャッキを説明しながら
皆さんに体験してもらいたいです。
興味がある方はまずはお声掛けください。




【STOレスキュージャッキ 映像】