よくあるご質問Q&A


◆ Q&A ◆

1.色の竹内チョコレートとオレンジ以外がずっとSold Outで買えないのはなぜですか?

すみません。当社としてもぜひ準備したいのですが、
あまり色にこだわりある方がお見えにならず、
数がまとまらないのがあって、なかなか在庫を確保できません。
もうちょっと売れるようになったら必ず準備いたします!徐々に…
ただ、どうしてもという方はご連絡くださいませ。
お問い合わせ先などはこちらです。

2.STOレスキュージャッキの「STO」ってなんですか?

「S」は「スパナ」、「T]は「竹内」、「O」は「王様」の頭文字です。
また、それらを囲う波状の模様は角界の頂点、横綱の「まわし」を表現しています。
竹内工業では、昭和4年より前、工具のスパナを造っていました。
その当時から引き継ぐ当社のロゴで、先人たちの情熱が込められています。

3.このサイト以外で購入することはできますか?

代理店経由でもご購入いただけます。
取扱代理店は、お手数ですが、竹内工業までお問い合わせください。
竹内工業(株) 営業調達部 竹内/三浦 まで
TEL: 052-361-1111 Mail:i-jack@sto-takeuchi.co.jp

4.実物を見てから購入を決めたいです。展示しているところはありませんか?

場所により対応の内容が異なりますので、恐れ入りますが竹内工業までお問い合わせください。

5.Rescue Block(盤木セット)に大きさが3種類ある理由は何ですか?
また、3種類の盤木を使用する順番はありますか?

3種類の盤木…
1. 約10mm×約105mm×約280mm (太い)4本
2. 約105mm×約30mm×約280mm (薄い)14本
3. 約350mm×約250mm×約12mm (下敷き)1枚

1.と2.に使用する順番はありません。ジャッキアップの中に、地面と対象物に隙間が空いたら盤木で随時空間を両サイド埋めていってください。
3.は、ジャッキを使用する際、地面が緩い場合などにジャッキの下敷きとしてご使用ください。
※【注意】下敷きをご使用の際は、ジャッキをなるべく下敷きの前方(手前側)にセットしてください。
奥側にジャッキをセットすると、下敷きが早めに地面に埋まることによりジャッキが傾斜し、対象物がジャッキから外れやすくなります。

6.うまく持ち上げることができません。

対象物が耐荷重よりも重い場合はハンドルが破損する場合がございます。
ただちに操作をやめていただき、複数台のジャッキで同時にあげる。
どかせるものがあれば、手でどかして対象物を軽くしてください。

7.保管場所はどこでもいいですか?

ジャッキ・ハンドルセットは砂・水がかからないように保管し、良好な状態を保つようにしてください。
地震等で落下するような保管場所は避け、屋内で保管してください。
また、高温場所での保管は避けてください。

8.何回くらい使えますか?<

何回も使用すると摩耗により、作動トルクは大きくなります。
そのため、半永久的に使えるものではなく、消耗品となります。
回数は対象物の重量に大きく影響され、明確に答えることができません。

9.保証期間はどれくらいですか?

A9.未使用であれば10年保証です。
   また使用しても1年以内のものでしたら保証対象となります。
 まずはお気軽にご相談ください。

10.力のない人でも持ち上げることはできますか?

STOレスキュージャッキは、人の力を補助する道具になりますので、
救助する際、多少の力が必要となります。
まずは、より軽く救助を行いたい場合は、複数台ジャッキを準備ください。
本題ですが、対象物が300kgのものですと、小学校の低学年でも
やり方さえわかれば、上げられますが、最大負荷をあげる時は、
タイヤの交換をする際に車をジャッキアップするくらいの力が必要となります。、
その際、ハンドルの持ち方と角度が重要になります。正しい角度は取扱説明書のP9にも記載がしてあります。
「レスキュージャッキの特徴」ページ下にハンドル組立動画の中にも詳しく説明があります。

また、高く持ち上げるほど、作動トルクが大きくなるため、
途中から持ち上げるのに苦労する場合は、一旦、対象物を当て木等で受けて、ジャッキを取出し、
ジャッキが高くなるようかさ上げしてから再度持ち上げることにより楽になります。

11.途中から重くなるんですけど。

10をご参照ください。

12.使っているうちに、最初と比べると重くなってきた。

8をご参照ください。

13.ハンドルの組み立て方法がわかりません。

ご使用の際、ハンドルの組み立てが必要です。
組み立て方法は、取扱説明書P5/P6をご参照いただくか、
「レスキュージャッキの特徴」ページ下にハンドル組立動画を
ご覧ください

14.ジャッキアップ中に対象物が落ちることは無いですか?

あり得ます。そのため対象物を昇降する際は、平らで安定した場所で行ってください。
それでも、対象物が何か、地面の状態がどうかなどにもより大きく影響されます。
また、余震なども発生しますので落下を防ぐために
頑丈で破損しない当て木等を対象物の下に入れていってください。
当て木は当サイトで販売中の、レスキューブロックをお買い求めください。
当て木がない場合は、幅の広い雑誌なども有効です。

<イメージ>


また、ジャッキアップ中は爪頭部(爪先部)の対象物のズレを確認しながら昇降を行っていただき、
対象物にズレが発生した場合は、当て木等で対象物を受けてジャッキを外して、
爪頭部(爪先部)をかけ直してから再度使用してください

<イメージ>



◆ お問い合わせ ◆

竹内工業(株) 営業調達部 竹内/三浦 まで
 TEL: 052-361-1111
 Mail:i-jack@sto-takeuchi.co.jp
 お問い合わせフォームから